シナリオ

岡田真里名
ランアンドガン


イラスト

和泉なつか
525円(税込) ※ダウンロードの際に別途パケット代が必要です。
   
スイーツ大好き大学生のヒロインは、ある日怖そうな男と街角でぶつかる。
男が持っていたのはなんと超高級ブランド、ハウステッドの特注シャンデリアだった。

高級シャンデリアを壊してしまい茫然とするヒロインに男は宣言する。
「お前にチョコレートのよさを教えてやる」

チョコレートだけはあまり好きではないというヒロインが連れて行かれたのは、
なんとショコラブティック。
男はこの店のオーナーだった。シャンデリアの弁償代として、店で働くことになったヒロイン。
慣れないながらも懸命に頑張る彼女に、店のメンバーも次第に心惹かれていく。

しかし、順風満帆な日々は長くは続かない。店を何軒も持ち、コンビニやデパートとも提携して商品を世に送り出す、超大手菓子メーカー『スイーツハウスTOKYO』から店の買収の計画が持ち上がる。

回避する方法はただひとつ、今よりも集客を増やすこと。

オーナーは、チョコレートの祭典『ショコラドショコラ』で優勝して、集客の今の200倍にする
という無謀な作戦を打ちたてた。ヒロインたちは優勝を目指して特訓を開始する

     


仲間 あゆみ
(なかま あゆみ)

年齢:18歳

ごく普通の大学生。
明るくて、ちょっとドジ。

甘いものには目がなく、
休日は都内のデザートビュッフェや
カフェ巡りをしている。

イケメンだらけの店で
ただひとりの女性店員ということで
お客さんに妙に注目されている。

高遠 ケンジ
(たかとう けんじ)

年齢:32歳

ショコラブティック
【ショコラキス】のオーナー。

ワンマンで、甘いもの嫌い。
快楽主義の超俺様オーナー。

バーテンダーの資格を持っていて、
かつてはバーを開いていたらしい。

彼が作るショコラショーは
伝説とまでうたわれているが、
現在お店のメニューに
ショコラショーはない。

倉持 清十郎
(くらもち せいじゅうろう)

年齢:26歳

ショコラキスのショコラティエ。
元々は有名なホテルの一流パティ
シエだったが、ギスギスした競争
関係に疲れて自分のやりたいこと
をやろうとショコラティエになった。

温和で優しい性格だが、
チョコレートを食べすぎると……。


鶴井 怜
(つるい れい)

年齢:21歳

ショコラキス、ショコラバーを
担当するバリスタ。
彼のいれるコーヒーと清十郎の作る
ショコラは最高の組み合わせとして
マニアの間では噂になっている。

ナンパな性格でお客の中には
彼と会話するために
通いつめている人物も。


倉持 ミコト
(くらもち みこと)

年齢:30歳

スイーツハウスTOKYOのオーナー。
ショタキャラ。清十郎の兄。

基本的に笑顔で人懐っこい
弟タイプだが、実は超腹黒で
汚い手も平気で使う曲者。
過去にショコラキスを潰そうと
何度も嫌がらせを仕掛けてきた。

ヒロインを襲って言うことを
きかせようとするが、気の強い
ヒロインに平手打ちをくらい
面白がって彼女に
つきまとうようになる。


望月 巧
(もちづき たくみ)

年齢:28歳

雑誌編集者。
スイーツ雑誌を作っていて、
ショコラキスにはよく取材に
やってくる。

元ホスト。ケンジとは彼が
バーのマスターをしていた頃から
の古い知り合い。

軽いノリで、気さく。ヒロインに
も色々とちょっかいを出してくる。
情報に強く、ライバル店や
スイーツハウスTOKYOの噂や
事情を仕入れては教えてくれる。


TOPページに戻る

(C) Magicseed 2010