シナリオ

七尾えび


イラスト

蔦原 奈々
525円(税込) ※ダウンロードの際に別途パケット代が必要です。
   
ずっと支えになってくれた母親が、自分を庇って事故に遭い、
自発呼吸すらできない状況になってしまった。
母親に褒めてもらうことだけがモチベーションだったありさは、
その日を機会にモチベーションを見失う。

けれど、どうしてもまたテニスがやりたくて、
テニスの名門の高校に行くことに決め、テニス部に在籍する。
ラケットを握ることすら恐かったのに、
練習でみるみるジュニアランカー時代の手ごたえを思い出す。

嫌がらせなどにも遭うが、自分にできる精一杯のことをしようと思い、
インターハイを目指す。

ありさは立ち直れることができるのだろうか。
この道は間違ってないだろうか。
悩みながら、ありさは自分の道を行く。


     

遠山 ありさ
(とうやま ありさ)

年齢:16歳
ジュニアランカーで活躍していたが、
そんな自分を褒め、支えてくれた母親が自分を庇って事故に遭い、
植物状態になってしまったことで、
モチベーションを見失う。

けれど、身体はテニスを求めていて、
テニスの名門の高校へと進学する。
高校生活、テニス部に入部し、
ありさは変われるのだろうか…?

ジュニアランカー時代に「顔だけプレーヤー」と言われ続けていたため、
自分の容姿がコンプレックス。
しかし、技術と体力は男子並み。

安倍 小太郎
(あべ こたろう)

年齢:16歳
中学で軟式テニスをやっていた。
楽天的で大らかな少年。
テニスが大好きで仕方ない。

努力と練習も怠らず、シングルス
団体戦の3の位置にいる。
一年生でシングルス3に選ばれたのは、小太郎ただひとりだけ。

カウンターパンチャー。
ストレートからクロスへと強引に切り替えさせるだけの腕を持っている。

ちょっとミーハーなところがあり、ジュニア時代のありさに興味津々。

猪瀬 翼
(いのせ つばさ)

年齢:17歳
小太郎の手綱を握っているクールな人。そのクールさは、時折キャプテンですらなにも言えなくなってしまう。

前回インターハイのシングルス準優勝者。全てにおいてレベルが高い。

頭もよく、嫌いなものは「愚痴」。
あまり練習はしない。

小太郎をダシに使って、ありさのところに話しかけにきたりする。
クールだが根は優しく、女子部の中に上手く入れないありさの背中を
淡々と押してくれる。

植田 智宏
(うえだ ともひろ)

年齢:18歳
前回のインターハイの
シングルス優勝者。
今回も当然狙っており、
単・復・団体優勝を狙っている。

既にジュニアランカーとして活躍も
していて、ありさの苦悩も少しだけ
判ってくれる。

常に笑っていてくれるけど、腹の中は
判らない。けれど、懐が広い。
自分が懐に入れた、と思った者に
対しては、絶対的に守ってくれる。
実力も伴い、コーチよりも
信頼されているキャプテン。

江藤 優佳
(えとう ゆうか)

年齢:18歳

ありさの消極的なところを直そうと
いろいろ話かけてくれる。

「頑張ろうね」ではなく、
「無理しないでね」と言ってくれる
心優しいマネージャー。

尾方 琴子
(おがた ことこ)

年齢:16歳

ありさと同級生で、
ありさをライバル視している。

無視したり、
厭味を言ったりするが、
テニスの腕前はかなりのもの。


TOPページに戻る

(C) Magicseed 2009