シナリオ

鈴本いちの


イラスト

瑠璃石
525円(税込) ※ダウンロードの際に別途パケット代が必要です。
   
海乃はコンピューターCG関連の専門学校を卒業したが、
CGの腕はいまいちの自覚があるため広報兼営業補佐としてゲーム会社に就職した。

面接の時には『優しい社長としっかりした先輩』の会社だと思っていたが、
現実には大違い。初出社の日から外注ライターの逃亡、
CG委託先からの公開前画像流出と騒ぎが絶えず、
入社したばかりの海乃も社員たちと同等に働かされてしまう。

おまけに社長はまったく締め切りを守れない人で、先輩は暴れ者、
海乃は馬車馬のごとくに働きながら
気弱な学生デバッカーとともに部屋の隅で震えているしかなかった。

社長と一緒に他の部署を手伝いに行ったりなぜかシナリオを書かされたり、
先輩に見張られながらCGを塗ったり見よう見真似でデバッグしたり、
挙句はゲーム制作の企画会議でネタ出しをさせられたりと、
その仕事内容はまったくもって『広報兼営業補佐』ではない。

時に会社や近くの社員宅に寝泊まりし、
納品締め切り前のピリピリとした空気に胃をやられながらも、
成長を目指して鬱々と前向きに頑張っていくしかない業界コメディー。

     

小坂 海乃
(こさか うみの)

年齢:20歳
CG関係の仕事に就きたくて
専門学校に通ったけれど、自身の
才能に限界を感じていたヒロイン。
卒業直前に見つけた『絵の素敵な
ゲーム会社』に、広報兼営業補佐
として入社することになった。

真面目で世話好きだが、自分に
自信がなくて心配性な一面も。

CGや原画は無理でもサイト更新や
メディア宣伝のための文書作成、
イベント企画を含む広報なら裏方
好きな自分に向いているかも、と
飛び込んだ職場で、はからずしも
オールマイティーな制作活動に
従事させられてしまい……。

佐野 朝生
(さの あさお)

年齢:29歳
この業界には珍しく(?)
整えた身なりで海乃にも優しいが、
仕事の進行が超いい加減。
担当は企画とシナリオ、全体をまと
めるプロデューサーも兼ねている。

シナリオライターとしては熱心な固定
ファンもついているほどらしいが、
会社をまとめる経営者、制作を引っ
張っていくプロデューサーには
まったくの不向き。南が入社するまで
は、発売延期がデフォルトだった。

会社内の他の部署で仕事の手が
足りない時には、海乃と一緒に
手伝いに出向いていく。

南 泰隆
(みなみ やすたか)

年齢:24歳
原画家であり、キャラクターデザイン
やCGの塗りも担当する先輩。
仕事には真面目で皆をまとめて
厳しい締め切りを守る能力もあるが、
怒りっぽくて暴力的。

社長が頼りにならないため
ディレクターなどもこなしているが、
海乃たちが失敗すると手近にある
ものを振り上げて追いかけてくる。

それでもやはり、海乃は夜遅くまで
一人で残って作業している南を
置いて帰ることができない(そして
毎回のごとく怒鳴り回される)。
普段は怖いが、たまには皆に
お菓子を買ってきてくれることもある。

出雲 宗介
(いずも そうすけ)

年齢:19歳
大学生のデバッグ(発売前のゲーム
ソフトをプレイして、誤作動などが
ないかを確認する作業)アルバイト。
専攻は情報工学だが将来は
ゲーム会社に就職してサウンドを
担当したいらしい。

悲観的ですぐに落ち込む性格で、
よく海乃に励ましてもらっているせい
か海乃が泣いていると自分まで
泣き出してしまう。
でも時々、社長や南に密かな
嫌がらせを行なったりする
腹黒い面も。

料理が得意で、妙に豪華な弁当や
凝ったケーキを作ってきてくれる。

野間 さくら
(のま さくら)

年齢:28歳
社長が以前いた会社で同僚だった
女性。現在は他社の企画・広報担当
で、営業も兼ねているためあちこちの
会社によく出入りしている。

ゲーム会社や関係の雑誌社などで
仕入れた「業界の裏話」を海乃に
教えてくれる。

美人だがかなり感覚がずれており、
あまり表情もなくおっとりしてつかみ
どころのない喋り方で皆を翻弄するが、冷静で鋭いため社長や先輩たちよりも頼りになる存在。

女の子が好きらしく海乃に会えば
静かに抱きついてきて、たまに
それ以上のこともしようとする。


TOPページに戻る

(C) Magicseed 2009